前へ
次へ

結婚を親に反対されたときの対処法と注意点

結婚を考えて交際していた相手を親に紹介したけれど、反対にあってしまったという人も珍しい話ではないようです。
そういったときにどう対処すればよいのでしょうか。

まず前提としては結婚相手イコール家族になる人なのですから、結婚の挨拶の前に必ず会う機会を数回設けておきましょう。
結婚を考えている相手なのに結婚の挨拶まで一度も会ったことがないということは、相手の人柄や性格などの情報が何一つないので親からの同意が得られる可能性はかなり低くなります。

交際相手のためにも結婚前にいきなり会わせるのではなく、人柄や性格を知ってもらうためにも結婚の挨拶をする前に何度か会う機会を設けましょう。
性格などやイメージが分かることで態度が軟化することもありますし今後家族として付き合うことも考えれば、親との仲が良いに越したことはありません。

また何か明確に反対している理由があるのであれば、その問題をできる限り解決する取り組みをしましょう。
しかし、問題の種類によってはすぐに解決することが難しい場合もあります。
そういった問題であれば、今後どういった方法で解決をするかといった具体的なプランを交際相手と話し合ったうえで親に提案してみましょう。
少なくとも何か説得できるプランがないと親からの同意も得にくいですし、話し合いをすることは結婚後のリスクを考えるきっかけとなる可能性もあります。

また家柄や年齢差などのように、努力をしても変えることができないものであれば、それを踏まえたうえでどうすれば不安を取り除けるかを考えましょう。
年齢差などに関する問題があるのであれば、経済的な心配はないことを伝えるなど不安に思われそうなことに関してあらかじめ話し合っておくと親を説得する際にも堂々としていられます。

交際はもちろんですが、特に結婚の場合はたとえ2人だけの合意で結婚ができるとはいえ実際には相手の親や自分の親など周囲の人との関係も必ずある程度はついてきます。
後々のことも考えたうえで最後まで親の説得をする努力をしておきましょう。
また反対される可能性があることを視野に入れ、反対されそうな理由を話し合っておきましょう。
このときに実際に反対されたときにどう親に伝えるかを考えておくことをおすすめします。

そして反対されても結婚をするという意思もきちんと持ったうえで話をしましょう。
結婚をするのであれば親からの祝福があるほうがいいとはいえ、最後に決断をするのは結婚をする自分であるべきです。
これらのことをきちんと考えたうえでも意思が変わらないのであれば、相手と結婚をしても後悔はしないで済みそうです。

Page Top