前へ
次へ

交際を親に反対された場合の対処法と注意点

自分の親に交際相手を紹介したけれど、親から交際を反対されてしまったという経験がある人はけして珍しくないようです。
実際ある調査によると女性の場合3割近い人が交際を親に反対された経験があるようです。
親に交際を認めてもらいたい場合はどうしたらよいのでしょうか。

まず親から交際を反対する理由をきちんと聞きましょう。
このように親が交際に反対するのには、たいていの場合何らかの理由があります。
人生経験もあり、自分と長く過ごしてきた面からも親からの意見をすべて無視することはしないほうがよさそうです。
親が反対するはっきりとした理由が分かったのであれば、それを解決できるように取り組んでみましょう。
また、交際相手ではなく自分が交際相手と接するときの振る舞い方が反対の理由となっていることもあります。
交際相手と過ごすようになって帰りが極端に遅くなったり仕事などに支障をきたすような付き合いになっていないかも振り返ってみたほうがよさそうです。

そしてそういった欠点があることを踏まえたうえで相手のプラスポイントもきちんと伝えましょう。
ケンカなど少なくとも自分が交際相手と付き合うことがマイナスになるような振る舞いはしないほうが親からの交際を認めてもらえる可能性は高くなります。

また、兄弟や友人・親戚など周りに味方になってくれそうな人がいるのであればその人に協力を仰いでみるものおすすめです。
やはり客観的な立場で交際を認めてくれる人や説得に力を貸してくれる人がいることは心強いですし、他人から見てもいい人ならば…と親の態度が軟化することもあるので、周りを味方につけるのは
そして交際を反対されたときの注意点ですが、絶対に感情的にならないようにしましょう。

感情的になってしまうとお互いに冷静に話せませんし、場合によっては余計に関係が悪化することもあり得ます。
ですから頭ごなしに怒ったりあからさまに親を避けたりするようなことはやめておきましょう。

また、このように反対にあった際の相手の反応を注意しておきましょう。
周りから反対にあったときにすぐに諦めてしまう人だったり、きついことを言われたときに自分の味方をしてくれたなど別の一面が見えてくることもあります。

特に結婚も視野に入れて交際をしているのであれば、今後も相手の親と顔を合わせる機会も多くなります。
難しいかもしれませんが、できる限り周囲からの反対を解消する努力をしておきましょう。
また反対されても交際を諦めたくないのであれば、認めてもらえるようにお互いが努力することが必要です。

Page Top