前へ
次へ

再婚するときに子どもがいる場合に気をつけること

近年、離婚歴のある人が再婚をすることや前の結婚相手との間に子どもがいるという人が再婚するケースが増えています。
このように前の結婚相手との間に子どもがいるという場合はどういったことに気をつければよいのでしょうか。

まず前提として、子どもが再婚を望んでいるのかどうかをきちんと配慮しましょう。
最終的に判断するのは自分ですが、子どもも再婚相手と暮らすわけですから子どもが再婚相手とうまくいっていないようであれば、少し様子を見るほうがおすすめです。
また子どもが再婚に賛成している場合でも必ず親子2人の時間を設けるなどいきなり生活習慣を変わるようなことは避けるようにしましょう。

特に物心がついた子どもや思春期の子どもの場合、無理に再婚をすることで再婚相手はもちろん自分との親子関係に亀裂が入ることもあるので本当に子どもが心から再婚を望んでいるのかどうかはきちんと見極めるようにしましょう。

次に、再婚相手が人間としてきちんとしている人かを確認しておきましょう。
自分の子どもに対する接し方などを確認することは当たり前ですが、経済力があることも重要です。
この先子どもにかかる費用を支払えるだけの経済力があるのか、あるいはお金遣いが荒かったり極度に倹約する人ではないかなど金銭面に関する部分はよく観察しておきましょう。

また、再婚をするときは法律面でも気をつけることがあります。
再婚をしたとしても養子縁組をしない場合は、再婚相手との間に子どもの養育義務は発生しません。
再婚相手に対して自分の子どもとして扱ってほしいと希望をするのであれば、養子縁組をしておくことがおすすめです。

また前の結婚相手からの養育費を貰っている場合や定期的に面会交流などをしている人もいると思います。
再婚をしても養育費の支払いや面会交流をなくすことはできませんが、生活環境の変化などにより見直しを求められる場合や相手側が気を悪くすることもあり得ます。
前の結婚相手と子どもとの交流がどうなっているかはきちんと再婚相手にも伝えて理解を得ておくようにしましょう。

法律面での確認は遺産相続などにもかかわる場合がありますので、しっかりとチェックをしておくことをおすすめします。

また、再婚相手と子どもが一緒に暮らしている方もいますが親権が相手側にあるなどの理由で再婚相手と子どもが一緒に暮らしていないというケースもあると思います。
再婚した場合には、前の結婚相手には少なくともその事実を伝えておくようにしましょう。
たとえ離れて暮らしているとはいえ、子どもにとって親が再婚することは複雑な心境になるものです。
それを踏まえたうえで子どもの気持ちを第一に考え、伝えるかどうかを決めることをおすすめします。

Page Top