前へ
次へ

女性の脈なしサインを見極めるには

目の前に自分の好みに合う女性がいるとき脈があるのかないのかが分からず悩んだ経験はないでしょうか?相手を傷つけないよう気を遣う場合もあるので、言葉に出すことは少ないですが、女性の態度や行動などに脈なしのサインは表れています。
女性が相手に対して取る脈なしサインとはどういったものなのでしょうか。

一番わかりやすいのは、一緒にいてもつまらなさそうにしているなど表情を見ておくことです。
一緒にいても笑顔がなかったり目線が合わないなど、明らかに自分といても楽しくないと表情に出ている場合は脈なしと考えても良いでしょう。
また、表情には出ていなくても会話をしているときにスマホを触っているなど自分との会話を煩わしそうに感じている場合や会話をしていても質問に対する返事があいまいな感じだったりするようであれば、脈がある確率は低そうです。

また、デートなど2人で出かけようと提案をしてもグループで行こうと提案してくる場合や忙しいと断られる場合も脈なしの可能性は高そうです。
特に何度誘ってもスケジュールを合わせようとしてくれないというときは脈がないと思う方がよさそうです。
ただし、断られたときに「この日はだめだけど、この日なら大丈夫」というように代替案を出してきてくれたときはまだ希望がありそうです。

またハードルは高めですが、肩など身体を触ったときに相手の反応が明らかに嫌そうな雰囲気になったら脈がないと考えましょう。
これを気にせずに接していると相手に嫌われるどころでは済まないこともあり得ます。
ただ、この方法で相手が脈なしかどうかを調べるのは必要以上に相手を怖がらせる可能性が高く、リスクも大きい方法です。
もう少し相手に気を遣った方法で確認をしたいのであれば、パーソナルスペースに近寄っても避けられないかで確認をするようにしましょう。
パーソナルスペースに近寄っても大丈夫かを調べたい場合は親密な相手が近づいてもOKと感じる距離の目安が45センチほどなので、それくらいの距離まで近づいてみましょう。
45センチといわれてもピンとこないという人は手をのばしたらギリギリ相手に届くかどうかという距離を目安にするのがおすすめです。
実際に自分が近づいたときにもし相手が距離を取ろうとしているのであれば脈なしと考えた方がよさそうです。

女性は目の前に脈なしの男性がいる場合言葉には出さなくてもこういった行動をとっている場合があります。
もし相手がそういった行動をとっているのであれば、潔く諦めるか、アプローチの方法を変えないと相手の気持ちを自分に向けることは難しそうです。

Page Top